紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

椎間板ヘルニアは勘違い。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 健康とは,当院の特徴,疲労,症状の考え方,痛みについて。,腰痛,首の症状 > 椎間板ヘルニアは勘違い。

椎間板ヘルニアは勘違い。

2017.01.11 | Category: 健康とは,当院の特徴,疲労,症状の考え方,痛みについて。,腰痛,首の症状

よく、私は椎間板ヘルニアで痛みがでているんだ!と、信じている人がいますが。

これは勘違いです。

 

首だろうが腰だろうが、

ヘルニアがあっても痛みなんかまったくない人はたくさんいらっしゃいます。

 

というか、高齢者になるとほとんどがヘルニア風にみえます。

 

要するにヘルニアという形は、

形の異常であって、痛みの原因ではないという事です。

 

腰の筋肉がフニャフニャで痛みはでません。

筋肉痛はでても。

 

では椎間板ヘルニアと言われている人達の本当の原因は何か?

それは働きです。

 

そう、働きの異常が原因なのです。

 

働きの代表は体液循環です。

 

日々私達の身体は、不自然な生活習慣や、ストレスの蓄積によって疲労という現象を表します。

 

そして疲労は細胞のダメージへと繋がります。

そのままだと、身体は動けなくなってしまうので、

 

細胞のダメージを修復しようとします。

これが自然治癒力ですね。

 

 

その際にはプロスタグランジンというホルモンが必要になります。

 

これは痛みが伴います。

 

身体は細胞のダメージで受けたカスやゴミを一度炎症で、燃やしてから修復しようとします。

 

ですから修復は痛いのですね。

 

現在医療はこの修復を止める薬や施術がメインですが、

 

修復スピードを早める為に体液循環をよくする施術法が整体です。

 

椎間板ヘルニアと呼ばれていても、やることは、働きへのアプローチが痛みへの本当の近道だと考えています。