紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

病気へのインスタント行為。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 症状の考え方 > 病気へのインスタント行為。

病気へのインスタント行為。

2016.12.20 | Category: 症状の考え方

みんなインスタント的な物に慣れすぎて、

ボタンを押せば治るみたいな感覚になっていりる方々が増え、何でもすぐに結果を求めます。

当然、医療の代表である病院では

病気になった原因を追求せずに、

身体にでている症状に向かわざるえない。

ですから、

高血圧の方ならば血圧を下げる為に降圧剤が処方されます。

しかし、身体にとってみれば、それは毒そのものです。

毒によってまた違う症状がでて来ます。

もしくは潜伏し、徐々に蝕みます。

それに対して、また毒を処方します。

気がつくと、毒の山でお腹いっぱいになります。

では何故そんな毒を投与するのか?

それは体内で一度乱れ狂ってしまった細胞の機能を抑える為には降圧剤のような強い毒性のあるものを投与すると、

即効性がある為です。

早いのですね。

皆さんが求めたインスタント的結果が、医原病というものです。

医原病の先は難病であり、慢性疾患です。

薬は炎症であっても、腫瘍であっても、ピタリと進行を止める事ができるのですね。

ただ、原因にアプローチした訳ではないので、根本を改善しない限りしばらくすると症状は再発します。

症状へのアプローチではなく、

原因へのアプローチ。

その為にはちゃんと考えてみる必要があります。

今の習慣を。

そして原因に一つずつアプローチしてみる。

でも決して薬を否定するのでもない。

薬の作用をよく知って、

利用しつつも本質にもアプローチを忘れない事、それがこれからの時代に必要になるでしょう。