紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
MENU
初めての方へ 料金

Blog記事一覧 > マタニティー > 悪阻の時の食事の取り方。

悪阻の時の食事の取り方。

2016.12.18 | Category: マタニティー

こんちには。

悪阻の時期は食事の取り方にも注意すると楽ですよ。
例えば1日の食事数を6食とかにしてみる。

これは食事を分けて、少量ずつ食べることで血糖値を維持することができます。
だからと言って食べ過ぎはまたしんどいので。空腹すぎず、食べ過ぎずの中間ですね。

食べ過ぎは胃を拡張させて、吐き気を引き起こします。

空腹も 毒素が溜まり吐き気を催しやすくします。

1回の食事は吐き気や体重のコントロールを気にしながら数を増やしましょう。

 

後は温かい食べ物はにおいが強くなりますから、吐き気に繋がりやすいです。体温くらいの温度が理想です。

 

それから、自分がどんなタイプの食べ物で、吐き気を催したのか。

逆に食べやすかったのか。

これを把握する為に食事をノートに記入するのも食べられるもののヒントになります。

 

後は当たり前ですが、しっかり噛む。

噛まずに食べると、唾液が足りずに消化に負担がかかり、吐き気を長引かせてしまいます。

食後1時間は横にならないようにする。

食後すぐに横になると、胃の構造上、胃酸が逆流し胸焼けを起こします。

という事で、悪阻中は時間は気にせずに、食べたい時に、食べられるものを食べるのが良いですよ。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒532-0028 大阪府大阪市淀川区十三元今里3-4-10-103 浜口マンション
駐車場
電話番号06-6305-1401
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
※お電話は、受付時間内での対応となります。
休診日木曜、日曜、祝日(臨時受付日有)