紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

困難にあるならば、 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > どうにもならない問題。 > 困難にあるならば、

困難にあるならば、

2016.11.12 | Category: どうにもならない問題。

生きていると問題は起きるものですが、

問題が起きてる事は問題にしない方が良いですね。

目指す所が高い程に色々な事は起きるからです。

日本人は忘れていますが

今の暮らしは昔の貴族がやっていたのと同じ場所にいますから。

当たり前じゃないんですね。

 

では実際に何か起きた時は、何に視点を向けるのか?

それは起きた事に対する自分の姿勢です。

 

どんな姿勢でぶつかっていくのかが重要です。

 

例えば苦しい時には苦しいのは当たり前なんで、楽しむ工夫をしてみる。

 

逆境の最中ならば、他の人が楽しむ工夫をする。

 

にっちもさっちも大変ならば、周りの人に助けを求める。

 

人にとっては、やり易いものもあれば、やりにくいものがあると思いますが。

 

楽しんでみたり、

誰かの役に立ってみたり、

周りの人に力を借りたりと、

実行していれば、

次第に自分が脱皮され、器が広がり

困難をも突破できる穴が見えてきやすいです。

 

それも面倒に思うのは、それはまだ問題じゃないかもですね。