紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

強引な牽引はパスします。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > その他,腰痛,首のコリ > 強引な牽引はパスします。

強引な牽引はパスします。

2016.09.14 | Category: その他,腰痛,首のコリ

腰の牽引をしてますます調子が悪くなる方が来られました。
牽引施術をする理由として、

腰痛が滑ってる?

腰椎の椎間板がすり減っている?
腰椎の圧迫によって、末梢神経が圧迫されているから?

との事らしいです。

確かに神経は圧迫に弱いです。

バナナのように、少しの外力が加わっても黒ずんでダメージを残すような所。

あなたは圧迫によって痛みやしびれを出しているから引っ張る。

確かに単純明快な原始的措置ですが、実は神経の圧迫には二種類あるのです。
一つはぎゅーとはさんで圧をかけ潰すこと。

もう一つは端と端をもって引っ張ることで圧をかけて潰す。

どちらも圧迫ですが、実は引っ張りによる圧迫のほうが広範囲で重篤なのです。
脊髄が細くなっている脊椎間狭窄症を引っ張ると言うのはさらに重篤な圧迫現象を起こすことになりかねます。
神経は中枢神経と末梢神経から成っていて、中枢神経はいわゆる脳と脊髄のことです。
末梢神経はその脊髄から枝のように伸びていく神経です。

つまり中枢神経は木の幹にあたり、末梢神経は木の枝にあたる構図になります。
実は牽引施術でやっていることは、木の枝にあたる末梢神経の圧迫を除外するために、木の幹にあたる中枢神経を強い力で引っ張り上げて広範囲な神経ダメージを作っているのです。

なんらかの刺激にはなるので、

たまに調子が良くなったと感じる方もいらっしゃいますが。

牽引後に調子が狂うのは当たり前なんです。

もしもやるなら、機械でなく、人間の反応をしっかりキャッチできる人間の身体でやるべきかなと。

もちろん人間の手で牽引をしても、強引なやり方などは、

牽引直後に脳圧がたまりめまいを訴えたり、立てなくなってみたり、むしろ調子が悪くなる事はあります。

 

読んでいる皆様は機械による牽引施術をこの先もなるべくならやらない方が良いと思われます。
そもそも牽引は、

身体への壊す力が強く働く事を知っていたため、拷問に使われていた歴史があるのを知ると良くわかります。

特に頚椎は気をつけてください。

大事な神経が沢山走ってます。

後で自律神経の病気になったと騒いでも後の祭りです。