紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

体調不良は口腔内からの重金属発生が原因! | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 毒素とは > 体調不良は口腔内からの重金属発生が原因!

体調不良は口腔内からの重金属発生が原因!

2016.09.11 | Category: 毒素とは

体調不良は循環不良以外に、体内毒素の蓄積が原因だったりしますが、

中でも有名な毒素である重金属。

もっとも有害な重金属の中でも神経毒性の強い物質は何でしょうか?

それは水銀です。

水銀はワクチンには必ず入っていますが、

それ以外に実は口の中にもあったりします。

アマルガムです。

銀色でふちがシャープでなく黒ずんでいる歯の詰め物があったら、それはアマルガムという素材かもしれません。

アマルガムは、加工が容易で殺菌性に優れているため、虫歯の施術に多く使われてきた歯の詰め物の材料です。

このアマルガムは水銀を50%含む金属から出来ています

アマルガムは口腔内で容易に気化・蒸発し、全身に運ばれます。特に腎臓、肝臓、脳などに蓄積されます。

水銀は25°を超えると沸騰します。
水銀入りアマルガムは簡単な刺激で気化し、空気中にばらまかれます。

例えば、歯科アマルガムを温めたり、消しゴムでこすったりすることで水銀蒸気が放出される様子が出ています。
これと同じ事が歯に埋め込まれたアマルガムでは起こっています。

コーヒーを飲んだり、咀嚼をすることで水銀が体内にばら撒かれているわけです。

実際、歯科のアマルガムが体内の水銀蓄積の大きな原因であることを示す研究は非常に多く存在します。

末梢性ニューロパチー・視力、味覚、嗅覚の低下・易刺激性(ヒステリー)・うつ病・頭痛・アレルギー・喘息・原因不明の首肩腰および関節の痛み等を引き起こします。

特に、問題なのは脳神経、筋肉への影響です。

疲れやすい、集中力がでない、筋肉痛、胃腸障害、不眠など様々な症状を起こします。

「水銀は酸素、栄養素、および破棄物を交換する能力を妨害し、DNAを破壊して細胞を殺します。」

と、歯科アマルガムの害についての第一人者、ハルハギンス博士は言っています。

勘弁してよ〜って感じです。

パーセンテージでは、

85.0%     説明のつかない疲労感
73.3% 説明のつかないイラつき
72.0% 長期間のうつ
67.3% 四肢のしびれ
64.5%  夜間頻尿
62.6% 四肢の冷感(温かい日でも)
60.6% 食後の腹部膨満感
58.0% 記憶障害(物事が思い出せない)
55.5% 突然怒りがこみ上げてくる
54.6% 便秘
54.2% 優柔不断

とかなりのシェアがあります。

っていかやばすぎですね。

米国では、アマルガム関連の訴訟が増えていますが、未だ政府の対応は十分では、ないそうです。

とりあえず、水銀の予防には、ビタミンCが有効です。
ビタミンCには水銀による酸化ストレスを副腎経由で軽減する効果があるからです。

ですが、もしも歯にあるなら、早めに交換をしましょう。

そして体内内臓に溜まった毒素は当院でしっかりキレート解毒していきます!