紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
MENU
初めての方へ 料金

Blog記事一覧 > 内臓疲労,毒素とは > 内臓施術の必要性

内臓施術の必要性

2016.07.10 | Category: 内臓疲労,毒素とは

私は毒素みたいな物は飲んだり食べてないです!

と言われる方もいらっしゃいますが。

お酒や添加物と言ったものでなくても、例えば、

人が考え事をしたり、動いたりすると毒素が発生したりします。
車を運転すると排気ガスがでます。それと同様、人が物事を考えたり運動し過ぎたりしても体内で毒素が発生するんです。

人が物事を考えたり運動したりするには、エネルギーが必要になります。

人が多くのエネルギーを生産し、それを使う過程で、人は「疲れた」という感覚を覚えますよね?。

この疲れの原因の1つが、体内で発生する疲労物質という毒素です。

体内で発生する毒素の種類はとても多く、

その毒素の処理が上手くできないと病気を発症します。

その毒素の処理を中心的におこなっている臓器はどこでしょうか?

それは肝臓です。

肝臓には1日に約2,100リットル(一升瓶に換算すると1200本分)の血液が運ばれてきます。

どんだけー。

肝臓に大量の血液が運ばれてきますが、

血液中に含まれる体内毒素や化学物質も大量に運び込まれます。

しかし、肝臓には体内毒素や化学物質を速やかに無毒化する能力があります。

凄いですね。

で、
現代人の肝臓は日々毒素の処理で疲弊しています。

その理由をまとめると、

1つ目に、水や空気、自然界にある物質全てに化学物質が混入しています。

2つ目に食べ物・飲み物に食品添加物や化学物質が存在する

3つ目に揚げ物など、小麦粉を高温で加熱調理した酸化油を摂り過ぎる

4つ目に現代人はストレス対応のために働き、体内で多くの体内毒素が発生する

5つ目に休みの日にもマラソンやトライアスロンなどをして自分を鼓舞する。そのことで多くの体内毒素が作られる

6つ目に現代人は薬を多く摂取する

7つ目にストレスからタバコやお酒、または甘い物の摂取が増える

8つ目にストレスからホルモンバランス乱れ便秘になり、腸内ガスが発生する

と、もう書ききれません。

この様な感じで現代に生きる人は、

体外から入ってくる物質以外にも

体内で発生する毒素も多いです。

その毒素(化学物質も含む)を肝臓は毎日無毒化するために働いているんです。

また、毒素を無毒化するためには酸素が必要です。

しかし、現代人は毎日、過度の緊張から呼吸が浅くなり、睡眠時無呼吸症候群を発症したりして、体内が酸欠傾向になっており、

体内毒素の分解をさらに妨げます。
ですから、どの様な方にも内臓の整体は必要だと言えるのです。

当院へのアクセス情報

所在地〒532-0028 大阪府大阪市淀川区十三元今里3-4-10-103 浜口マンション
駐車場
電話番号06-6305-1401
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
※お電話は、受付時間内での対応となります。
休診日木曜、日曜、祝日(臨時受付日有)