紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
MENU
初めての方へ 料金

Blog記事一覧 > アレルギー,小児へのアプローチ > ワクチンに迷いましょう。

ワクチンに迷いましょう。

2016.07.03 | Category: アレルギー,小児へのアプローチ

ワクチンは当然、

子供に打つべきだという考えが強く傾き過ぎているあなたに

ちょっと待った!と言いたい。

そんなに簡単に国のいう事を鵜呑みにせず、

ちょっと自分で調べて、納得してから打って下さい。

本当に必要なのか。どうか。

無料とかに流されないで下さい。

タダは怖いかもですよ。

最近はジャーナリストの船瀬俊介さんや、内科医の内海聡さん、小児科の真弓さんなどが本を出されてますから読んでおいても良いかもですね。

とりあえず最もシンプルに理解しておくべきことは、あなたにワクチン接種を拒否する権利があるということです。

すべてのワクチンは任意接種であり、昔効かないことがわかったので任意接種になったのです。

公立学校の通学にも修学旅行にも幼稚園の入園にも、ワクチン接種は必須ではありません。

それを打てと言っている人はみな法律違反を行っています。

ワクチンは多くの毒物が詰め込まれていて、感染症の予防効果も重症予防効果もありません。

それどころかアレルギー、知能低下、発達障害、膠原病、難病などといわれる病気を増やすようです。

子どもを感染症にかけたくなければ、ワクチンではなく、

体温を上げて、

免疫力を高めて、

運動させて体力をつけ、

適切な栄養、良質な水、

十分な睡眠、

運動の習慣と心の充足こそが重要です。

やっぱり基本的な所ですね。

さて、それでもこの世界では小児科医や保健士や教師などという人々がワクチンを強要してきます。

まずは健診に行くのをやめるべきですが、虐待しているという疑いをかけられることもありますので、もしくは笑って誤魔化しましょう。

もし理解のある医師が近くにいれば、そこに受診するのが一番です。

決して普通の小児科にかかって議論してはいけません。

結論ありきなので科学的データや歴史や法律など守りませんし、そんな小児科医にかかっているのなら見直してみる必要もあるかも。

です。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒532-0028 大阪府大阪市淀川区十三元今里3-4-10-103 浜口マンション
駐車場
電話番号06-6305-1401
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
※お電話は、受付時間内での対応となります。
休診日木曜、日曜、祝日(臨時受付日有)