紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

ストレスと心身症 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 自律神経症状 > ストレスと心身症

ストレスと心身症

2015.04.24 | Category: 自律神経症状

ストレスには、

外部から加わる物理的な圧力、

重力や運動。

気候の変動によるもの。

ウィルスや細菌の感染。

科学物質、酒、タバコ、薬など。

そして精神的ストレス。

があります。

 

ストレスはこの様に存在し、

実は、

精神的ストレスはほんの一部

なのです。

 

精神的ストレスがあっても、

何の症状も出ない人も

います。

なぜでしょうか?

 

一部は、

大脳辺縁系大脳小皮質が

関連して、

精神的によって発症しやすい

ものですが、

大部分は、

先天的体質や、

頭蓋拡大による

免疫力低下、

ウィルスによる、

炎症硬化、

そして、疲労。老化。

 

これらが原因となり発症します。

 

要するに、心身症の症状とは、

慢性疲労の上に、

急性疲労が重なった時に

強く出る症状なのです。

 

勿論、眠れない位の

精神的ストレスが続く事によって、

体力の低下を招き、

著しく健康を害する場合も

ありますが。

 

それらも、疲労が回復する事に

より、循環が良くなり、

休養出来る様になります。

 

その疲労を回復させる技術。

それが整体です。