紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

悪夢をみるのは、 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 食について > 悪夢をみるのは、

悪夢をみるのは、

2016.04.28 | Category: 食について

おはようございます。

最近、あんまりよろしくない夢を見てしまってる方の話を聞きます。

悪夢で動悸をしたり、汗をかいたり、後味悪かったり。

ちょっとジメジメして、汗のバランスが崩れ、あるビタミンが減少することで起こりやすくなります。

それはビタミンB6です。

ビタミンB6が不足すると、

セロトニン、ドーパミン、ギャバといった精神安定に必要な脳内物質が作れなくなってしまい、不安感が強まっちゃうんですね。

ビタミンB6は、

魚の赤身や、牛や豚、鳥のレバー、ニンニク、玄米、ピーナッツなんかにたくさん入っています。

汗がちな時なんかも、ビタミンは失われるので、悪夢を解放する意味でも、たまには意識してとりましょう。

おススメはニンニクですね。