紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

膀胱と尿意。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 症状の考え方 > 膀胱と尿意。

膀胱と尿意。

2016.04.20 | Category: 症状の考え方

膀胱は、廃液を蓄える働きをしていますが、

尿だけでなく、細胞や感情の貯蔵庫とも言われています。

ちなみに、

体内の水分は量がおおかったり、

老廃物が蓄積した場合に排泄されますが、

膀胱の場合は、

腎臓からの尿の量に応じて、

拡張したり収縮したりするので、

実はいつも満タンの状態です。

水分の摂取を控えても、

回数は減らず、

尿中の老廃物を蓄積させる結果になり、

尿意は抑えられません。

 

逆に、

綺麗な水分を取り、

尿量を増やすと、

膀胱の筋肉が広がり膀胱は強化されます。

 

尿は希釈されて、回数は減ります。(^ ^)