紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

丹波へ。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 院長の考え方 > 丹波へ。

丹波へ。

2016.04.10 | Category: 院長の考え方

今日はお婆さんの一周忌で、丹波に帰っていました。

亡くなったお婆さんの世代は兄弟も多く、

また足腰が弱ってくる年齢で。

あれやこれやと話も、身体の事がほとんどで、やっぱり健康が一番やといった会話に。

そんな中で、

親孝行とはという話題になりました。

色々な考えがありますが、

私的には、子供が元気で健やかに生活している事が最大の親孝行だと思っています。

元気で健やかかどうかは、多分親が見ればすぐにわかるはず。

自分で元気だと思っていてもダメで、あくまでも親から見た時に、元気で健やかに生活している雰囲気を伝えられるかどうかだと思っています。

そして、子孝行なんて言葉があるかは知りませんが、親は、子供を信じて関与しすぎないことが、親としての孝行かなと。

そんな事を考えた1日でした。(^ ^)