紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
MENU
初めての方へ 料金

Blog記事一覧 > その他 > 静電気対策は服を?

静電気対策は服を?

2016.02.25 | Category: その他

対策として知っておきたいのが、まず化繊の服。

天然素材の服は適度に水分を含んでいますから、静電気を発生しにくい。

保湿力のない化学繊維は静電気が発生しやすいことが知られています。

合成繊維を着た場合、

静電気によって交感神経が刺激され、

副腎髄質からアドレナリンが分泌されるため血糖値が上昇。

そして副腎皮質ホルモンの分泌にビタミンCが多量に使われる。

次に、
合成繊維着用後から静電気が起きると、

体内のカルシウムがプラスの電気を帯びて体内のアルカリ度を高めます。

これを下げるため沢山のカルシウムが排出されてしまいます。

科学繊維の服を着るだけでこんな事が起きてるんですね。

そういえば、寝る時にフリースを着ていた方が、中々首のコリが取れなかったのに、綿に変えたら凝らなくなったというお客さんもいましたね。(^-^)

当院へのアクセス情報

所在地〒532-0028 大阪府大阪市淀川区十三元今里3-4-10-103 浜口マンション
駐車場
電話番号06-6305-1401
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
※お電話は、受付時間内での対応となります。
休診日木曜、日曜、祝日(臨時受付日有)