TEL
MENU

小児アトピー治療

内臓機能を正常化させる大阪市淀川区十三元今里の荻野接骨院の小児アトピー治療

アトピー性皮膚炎は、激しいかゆみがあり、無意識のうちに身体をかきむしってしまい、気がつけば肌がボロボロになっていたり、血が滲んでいることもあるでしょう。

お子さまのアトピーの場合には、出来るだけ強いステロイド系のお薬を使うことなく改善させていきたいものですよね。

大阪市淀川区十三元今里の荻野接骨院では、お薬を使わない小児アトピー治療をおこなっておりますので、

安全に小児アトピー治療をしたいという場合には是非オススメです。

お薬を使わないので身体に負担がかかりません

ステロイドによる小児アトピー治療はいろいろな副作用が心配になることでしょう。

また、お薬でかゆみが一時的に抑えられたとしても、原因を取り除くことは出来ないのでいつまで経ってもお薬を手放すことが出来なくなってしまうという心配も御座います。

大阪市淀川区十三元今里の荻野接骨院では、頭蓋骨や背骨、骨盤といった骨格のゆがみを整えていく小児アトピー治療をおこなっております。

安全な施術であり、身体には一切負担がかかりませんのでご安心ください。

 

身体のゆがみを整えて内臓機能を正常化

身体のバランスが整えるには、肝臓や腎臓と副腎いった内臓機能の働きが正常化が必要です。

当院では内臓に直接手当てを行い、無害の内臓施術も行います。

大阪市淀川区十三元今里の荻野接骨院の小児アトピー治療は、

こうした身体の内側にある原因部分の改善が出来るというのが大きな特徴です。

身体のバランスが整うとお薬の効き目が良くなるという事がまずおこります。

ですから、急にお薬を止める必要もありません。

内臓や身体の状態が改善されれば子供のアトピーは退散していくものなのです。

 

そもそも何故産まれたばかりの幼児がアトピーになるのでしょうか?

それはお子様がお腹の中にいる際の母親の状態が反映されるのです。

ですから、幼児の治療とともにお母さんの治療もしていく事で、次のお子様がアトピーになる事を防げことも可能です。

 

本当のところは、アトピー性皮膚炎というのはアレルギーとは呼べないと私は思っています。

アレルギーでないなら、何なのか?

 

それは成長の過程であり、免疫反応である毒素出しであり、個性の現れであると。

 

そのような思いを哲学に身体に手当てをおこなっています。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒532-0028 大阪府大阪市淀川区十三元今里3-4-10-103 浜口マンション
駐車場
電話番号06-6305-1401
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
※お電話は、診療時間内での対応となります。
休診日木曜、日曜、祝日(臨時診療日有)