紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

多嚢胞卵巣症候群 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

多嚢胞は、名前のままで、卵胞がたくさを育ち、バランスを崩してエストロゲンが過剰になったものです。

病院ではホルモン療法で卵巣に過剰な、刺激が加わり要注意です。

当院では、原因は生活習慣からくる内臓疲労にあるとして診ています。

それは、食べ過ぎ、添加物の取り過ぎ、環境ホルモンの摂取、インスリンの過剰分泌、副腎疲労などです。

まずは睡眠、食事、生活のリズムを見直し

呼吸を深くする事から始めます。

そのためには、横隔膜を中心にした、副腎疲労の改善に全力を注ぎ、酸素摂取量の増加と、内臓全体のバランス調整を行っていきます。